神奈川空き家再生ネットワークとは


かながわ空き家再生ネットワークは、神奈川県内において空き家に関する諸問題で困っている不動産オーナー、住民の方、地域行政の3つの立場の当事者が集まり、問題の解決と空き家活用と再生について、様々なアプローチを行う集まりです。

 

空き家再生ネットワークの参加者は、
弁護士、司法書士、行政書士、建築士など、不動産に関わる士業、プロフェッショナル、専門家や、
シェアハウス、シェアオフィス、レンタルサロンなどシェアリングセコノミーの専門家。
コインパーキングによる駐車場活用の専門家など、空き地や空き家の活用・再生の専門家。

 

また、建物の修繕や耐震工事、設備設置に伴う国や地域の補助金申請や、
自然災害時や事故時で建物が損害を受けた際の建物損害保険金のサポートをしてくれるサポート事業者なども幅広く参加しております。

 

こちらの集まりの参加者は不動産オーナーや住民の方を除いて、全て信頼のできる事業者同士の推薦で構成されており、
信用のおける、相談のしやすい環境作りに重点を置いております。

神奈川空き家再生ネットワーク

神奈川県の風景

 

神奈川空き家再生ネットワークでは、今後、お客様に役立つ情報を随時更新していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊藤忠商事を知っていますか?言わずと知れた、THE・五大商社!!ですよね(´∀`)現役大学生であれば、かなりの確率でエントリーしているのではないでしょうか?もちろん?私もエントリーしました(笑)ここでは大人気商社である伊藤忠商事や、そのグループ会社についてまとめてみました!あ〜このグループ会社、どこでもいいから就職したい(切実)

 

伊藤忠商事株式会社にはグループ会社がたくさんあるよ!/センチュリー21
さて、まずはケイン・コスギのCMでお馴染み、センチュリー21についてお話したいと思います!不動産売買系の不動産フランチャイズとしては業界最大手です。日本国内でセンチュリー21のフランチャイズを展開するフランチャイズザー(本部)です。伊藤忠商事の子会社でしたが、調べてみると、現在は筆頭株主のようですね。こんな有名なフランチャイズザー(本部)の筆頭株主になってみたいものです(ノ∀`)

 

センチュリー21の始まり

世界最大級の不動産売買系の不動産フランチャイズである、「センチュリー21」。その誕生は、アーサー・バーレットとマーシュ・フィッシャー。2人のアメリカ人が描いた世界最大級の不動産ネットワークへの夢。それがセンチュリー21の始まりでした。 日本では、1983年に当社が設立され、翌年首都圏に最初の加盟店が誕生し、その後、関西地区、中部地区、九州地区の加盟店を加え2013年3月末現在では全国に813店舗を展開するまでになりました。
センチュリー21の飛躍
センチュリー21は、1971年アメリカで誕生し、独立自営の不動産企業を募るフランチャイズ制度を導入し、現在では世界74の国と地域に、7,100店舗、従業員数10万人の規模に成長した世界最大級の不動産仲介ネットワークです。センチュリー21のその優れたシステムは地域性が強いと言われる関西の不動産業界にも受け入れられ、着実に店舗数も増加させていきました。大手不動産チェーンをしのぎ、関西圏でもNO.1の不動産ネットワークをゆるぎないものにしていますよね(^-^)
センチュリー21の事業内容
センチュリー21では、『お客様に満足して頂くための組織作り』をスローガンに事業活動しています。

 

(1)加盟店の経営者、管理者並びに営業マンに対する教育・研修
(2)各種情報システムの実施
(3)テレビコマーシャル等の共同広告の実施
(4)加盟店及び加盟店の顧客に対する金融サービスの斡旋
(5)その他加盟店をバックアップするための各種顧客サービス業務の実施
センチュリー21の企業スローガン・理念
センチュリー21は、1999年、より多くの顧客の信頼に応えるための企業スローガンとして、『お客様主義宣言』を提唱しています。このスローガン、私たち利用者からすると本当に嬉しいですよね♪ちなみにセンチュリー21の企業理念は、世界共通の「CENTURY21」というロゴマークの下に、各地域に深く根付いた多くの加盟店を通じて、不動産仲介業務を厳しい行動基準と高い倫理観を持って運営すること。そして、店舗数においても、お客様へのサービスの質においても、常に業界のリーダーであるという自負と自覚を持って、No.1を目指そうというものだそうです。

 

センチュリー21の所在地

本社
東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル7F
TEL:03(3497)0021
FAX:03(3497)0071
大阪支店
大阪府大阪市北区角田町8番1号  梅田阪急ビルオフィスタワー 23F
TE:06(6366)0021
FAX:06(6366)0027
名古屋支店
愛知県名古屋市中区錦1-5-11 名古屋伊藤忠ビル5F
TEL:052(223)0021
FAX:052(203)2126
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル13階
TEL:092(471)0021
FAX:092(471)0077
センチュリー21の主要株主
伊藤忠商事株式会社、日本土地建物株式会社、
三井住友信託銀行株式会社、日本生命保険相互会社、
東京海上日動火災保険株式会社、、株式会社損害保険ジャパン

センチュリー21の会社沿革

1971年:アメリカで誕生。最初のフランチャイズは17店舗。
1974年:店舗数を1,000まで増やす。
1975年:全米NO.1の不動産ネットワークへと急成長。
1983年:伊藤忠商事がセンチュリー21と提携。
1983年:センチュリー21・ジャパンの誕生。
1984年7月:首都圏にてグループ最初の加盟店12店舗が一斉にオープン。首都圏を中心に成長を続ける。
1990年:関西圏への進出。
1999年:中部圏に進出。
2001年:新資本金517,750,000円。グループ内のエクストラネット“21net”を構築。
2001年11月21日:ジャスダックに上場。日本最大のネットワークへむけ、成長を続ける。
2003年:九州圏への進出。
2005年:加盟店舗数が600店舗を突破。
2007年:加盟店舗数が800店舗を突破。
センチュリー21会社概要
社名:株式会社センチュリー21・ジャパン(CENTURY21 REAL ESTATE OF JAPAN LTD. )
社長:三津川 一成
設立:昭和58年10月21日
資本金:517,750,000円
取扱証券取引所:ジャスダック(証券コード8898)
センチュリー21のCM
センチュリー21のCMは皆さんおなじみですよね!というのも、センチュリー21ではCMをとっても大事にしているんです。顧客がホームページにアクセスしたり、店舗に立ち寄ったり、電話をかけるという行動を引き寄せるには、不動産=「センチュリー21」というブランドを、連想させることが必要ですからね(´∀`)その手段の一つがテレビCMというわけです。

 

イメージキャラクター

2000年からは「さわやかで国際的なイメージ」を評価し、タレントのケイン・コスギさんをイメージキャラクターに採用しています。ケイン・コスギさんは、現在ではセンチュリー21の代名詞となっていますよね!ちなみにセンチュリー21が行った調査によると、センチュリー21の成約者のうち、多くの人が『センチュリー21といえばケイン・コスギ』と回答しているそうで・・・(ノ゚ο゚)ノこれは、時間をかけて育ててきたブランドイメージが、消費者間に着実に定着していることを表していますね♪
センチュリー21のフェア
センチュリー21では、フェア毎に、多くのテレビCMを放映しています☆彡時代と共に映像は変わりますが、設立時から一貫して、ブランド名を謳い上げる「サウンド・ロゴ」を使用しています。これは多くの人の耳に残っているかと思います。就職、就学、転勤、転職などで不動産市場が最も活気づく1〜3月、その次に動きの多い9〜10月にかけて販売促進キャンペーンを行っています♪そしてこの時期にはテレビCMを集中するほか、のぼり旗、ポスターなどを店頭に飾ってもらい、契約をした顧客に対しては商品をプレゼントするなどのイベントを開催していて盛り上がりをみせています(^-^)

 

フェアの内容

フェアの内容、企画は、本部単独で決めるのではなく、各加盟店と相談をしながら協議して決定しているそうですよ。また、フェアの内容については、フェア毎に趣向やスローガンを都度検討し、内容を変えながら行なっているそうで、加盟店の現場の声を十分に取り入れ、顧客、加盟店の両者に対し、十分に満足できるような物を毎回考えているそうですよ(^-^)
センチュリー21のネットワークシステム
今、このサイトをご覧になっている貴方もそうだと思いますが、不動産の売買、賃貸仲介ビジネスを行う上で、今やインターネットは不可欠な媒体ですよね。パソコンはもちろん、スマートフォンの普及により、自宅ではもちろん、外出先でもストレス無くインターネットが利用できる時代です。センチュリー21に関わる情報をインターネットを使用し情報収集している人の割合は7〜8割に達してるそうですし、センチュリー21の物件公開システムは益々有用性の高いシステムへとなっているようです。

 

インターネットを駆使するセンチュリー21の『21net』
さて、そんなインターネット時代。センチュリー21でも、もちろんインターネットを駆使しています。本社と加盟店にで非常に大きな役割を果たしているのが、物件情報の一元管理のシステムです。各種営業サポート情報を提供するとともに、本部と加盟店を結ぶネットワークシステムとして活躍しています。それが、エクストラネットである『21net』です♪

 

『21net』の使い勝手は?

『21net』は、加盟店が独自で持つホームページ、あるいは「ヤフー不動産」「ホームズ」「SUUMO」「アットホーム」など外部サイトへの連動はもちろんのこと、年間約3,600万PVを誇る物件検索サイト「21style」「21rent」への物件情報の公開も行っています(´∀`)加盟店はポータルサイトごとに物件情報を入力しなおすことなく、画面上で選択するだけで各種サイトへの連動が実現します!

メリットその1【便利な地域情報を探せる】

「21Search」では、店頭での接客時、PC端末の画面で物件情報を顧客に見せながら説明できるものがあるのが、とても便利です☆例えば、iPad向けのツールとして「21Walk」は、画面の地図上で、物件近くのスーパー、病院、学校、公園などの周辺施設を調べたり、駅までの距離を測ったりすることができます。これは物件探しでは本当に便利ですよね(・∀・)

メリットその2【最低限の作業負担でデータを活用できる】

その他、21netからは、下記のような作業で活用できます♪

 

特定の物件データをhtmlメールでお客様へ送る機能

店頭用・あるいは配布用の物件シートとしての出力、フリーペーパーの作成
別の用途で作成できるようエクセルでの出力など
これらは一度物件入力を行えば、媒体やツールに合わせて、最低限の作業負担でデータを活用することが可能で、21netで入力した物件情報を、実際の営業活動でも活用可能なんです!このように、顧客にとっても加盟店にとっても便利なシステムなんですね。なるほど(´Д`)